沈香 │ お香・お焼香の製造・販売なら長川仁三郎商店(大阪)にお任せください。

沈香

人が作り得ない大自然が創造した、はかり知れない香り仏教伝来と共に日本に渡った「香」その代表が沈香なのです。

沈香

タイ・ベトナム・カンボジア・マレーシアにわたり、広く分布するジンチョウゲ科アキラリア属または、ゴリスチラス属の常緑高木です。

30mもの高さになり、葉は長楕円形・互生・革質で光沢があります。
沈香は、すべての沈香の木にできるものではありません。
数百本に一本程度、ごく稀に木の中の樹脂成分が集まり沈着・凝縮されたものが、時間の経過によって“沈香木”になります。
この沈着した部分だけを取り出したものが“沈香”です。

“沈水香”(水に沈む香)という意味から“沈香”と呼ばれます。
産地により香りが異なり、さわやかさ・苦味・甘味・辛味などが感じられます。
戦国時代の武将が、カブトに沈香を焚きしめて出陣したという話は有名です。
カブトの汗臭さやカビ臭さを抑えるためだけでなく、沈香の香りに鎮静作用があり、戦で高ぶる気を鎮めたといわれています。

  • タニ沈香・シャム沈香
  • 姿物
  • 細工物
  • 鳳命沈香

タニ沈香・シャム沈香

沈香には、タニ沈香とシャム沈香があります。
商人用語が普及した言葉で、タニ沈香はマレーシア・インドネシア産、シャム沈香はベトナム・タイ・ラオス・カンボジア産です。
タニ沈香は辛味が強く漢方薬などにも用いられ、シャム沈香は甘味があり御線香やお香の原料などに用いられます。
その場の雰囲気や気分で使い分けられる“香”です。

姿物

沈香木は、香りを楽しむだけでなく、その形貌や存在感ゆえに床の間の置物等、装飾品としても古くから親しまれてきました。

細工物

インドネシア産タニ沈香の塊を、様々な羅漢の形に彫っています。
最近はタニ沈香の大きな塊を採取するのが難しくなってまいりました。
適度な形・大きさの塊が見つかった時に、随時中国浙江省温州の工房で製作しております。

鳳命沈香

年々、減少の一途をたどる天の恵み沈香木。価格の高騰もさることながら、貴重な“香”そのものの減少も止められません。
最近、ワシントン条約等によってようやく伐採の規制が始まり、絶滅の危機は逃れたように思われます。
しかし、心無い業者の乱伐採や偽物の横行など、まだまだ不安は多いというのが現状です。私達の子孫のためにもこの貴重な香りを残したい、沈香を守りたいという思いで、鳳命沈香を開発いたしました。20年以上前の天然の沈香を粉末にし、燃焼材とノリ材で固めて作りました。沈香の香りがピュアに感じられ、木質の嫌な香りがありません。
是非この香を一度焚いてみてください。

沈香 商品紹介はこちら

このページの先頭へ