自社工場のご案内 │ お香・お焼香の製造・販売なら長川仁三郎商店(大阪)にお任せください。

自社工場のご案内

創業1848年という歴史と伝統 本物にこだわり、伝統の香りと新時代の香りを伝えていきます

弊社製品は日本国内にある自社工場にて生産しており、原料の見極めから始まり到るところまで、こだわった高い品質の商品を提供しております。

私たちは、古くからお線香や香原料の原料屋として原料の販売を許されており、アジア各地域から集められたものを吟味して国内に輸入しております。
日本国内の自社工場にて更に原料の安定化を図るために香りや品質のチェックを入念に行っております。

イメージ

長川仁三郎商店の外観です。この中に工場があります。

イメージ

社内入って一番奥が工場(現場)になっています。
ここが入り口のドアになります。

イメージ

ある程度熟成した焼香を種類別にBOXに入れて、数量を量って箱に入れたりしています。

イメージ

入って1Fに焼香の調合する場所があります。
ここで原料を混ぜ合わせてお焼香の調合しています。

イメージ

海外から入ってきた原料をチェックし終わったものは原料袋に入れていつでも出荷できる体制をとっています。

イメージ

香木の姿物を製材して、磨きをかけて1つ1つ丁寧に職人さんの手作りでやっています。

イメージ

香原料を吟味し、刻み加工をします。

イメージ

刻み加工の後、小さな粉を篩にかけて取り除き大きさを整えます。

このページの先頭へ