香の原料 │ お香・お焼香の製造・販売なら長川仁三郎商店(大阪)にお任せください。

香の原料

厳選したお香の原料を世界の国から

伽羅(きゃら)
産地:ベトナム
ベトナム産。沈香の最高級品。
ベトナム中南部の地域でしか採取されず、日本では沈香と区別される希少な香木。
沈香(じんこう)
産地:マレーシア、インドネシア、カンボジア、ベトナム、タイ
沈丁花科の常緑高木に油脂が凝着し、長い年月を経たものほど香りが良い。
白檀(びゃくだん)
産地:インド、インドネシア
インド、インドネシアから、ハワイ、オーストラリアまで広く分布する。白檀科の半寄生の常緑高木。
本来は立ち枯れた木皮部を削りとり、芯材部分を使用する。
大茴香(だいういきょう)
産地:中国
中国南部に自生するモクレン科の常緑樹の実。
八角の星形をしているので八角茴香ともいう。
スパイス、防腐剤、健胃剤として薬効があります。
麝香(じゃこう)
産地:中国、チベット
ヒマラヤ山岳地方より中国、シベリア地方に広く分布するジャコウ鹿の雄鹿が雌鹿を誘うための物で強い香りがする。
かっ香(かっこう)
産地:中国
南アジア原産のシソ科の多年草。芳香健胃薬。
体を温める作用があります。皮膚病の薬としても有名です。
甘松(かんしょう)
産地:中国、インド
中国、インドなどに産するオミナエシ科の草木の根・茎。
香料としては根が適し、茎は生薬として鎮静、健胃などに用いられる。
桂皮(けいひ)
産地:中国、ベトナム
香料・食品として重用される。
その他、生薬としても健胃などに幅広く使われます。
木香(もっこう)
産地:中国、インド
インド、中国に産出するウマノスズクサの根。
防虫効果もあり、鎮痛、消炎の薬効もある。
山奈(さんな)
産地:中国
中国南部の多年草の根茎を輪切りにして、乾燥させて用いる。
芳香健胃薬。
安息香(あんそくこう)
産地:中近東、マレーシア、インドネシア
インドネシア・スマトラに産するエゴノキ科の安息香樹の樹脂。
樹皮に傷を付けて、にじみ出る樹脂を集めて採集する。
抗菌作用があります。
乳香(にゅうこう)
産地:中近東、アフリカ
アフリカ東北部で集散される。カンラン科の幹から滲出した含油ガム質で凝固した団塊を収集する。
竜脳(りゅうのう)
産地:マレーシア、インドネシア
インドネシア原産のフタバガキ科の常緑高木より採取される、白色の結晶。
防虫・防腐効果があります。
貝香(かいこう)
産地:アフリカ
巻貝のフタ。主にアフリカ東海岸で採れる物が良質。
保香剤として、香を安定させるのに使用される。
丁子(ちょうじ)
産地:アフリカ、マレーシア、インドネシア
インドネシア、ザンジバルで産出される。
古来より代表的なスパイスで、大航海時代には歴史を動かす程の物であった。

このページの先頭へ